「東アジア経済連携」早期妥結で一致

04/09 06:44
日本とASEAN(東南アジア諸国連合)の経済閣僚らによる特別会合が大阪市内で開かれ、自由度の高い貿易ルールに基づく、アジア中心の経済連携協定の早期妥結を目指すことで一致した。
世耕経産相は「今後のグローバルな自由貿易推進へ向けても、前向きなメッセージを送ることができた」と述べた。
会合では、世界的に保護主義的な動きが広がる中、日本やASEAN、中国などが協定交渉を進めている「RCEP(東アジア地域包括的経済連携)」について議論が交わされた。
各国は、自由貿易を進めるために、新しい地域経済連携モデルを掲げて経済・産業面で協力関係を進めていくことで一致、電子商取引や通関の円滑化など質の高い貿易ルールに基づく、経済連携協定を早期に目指すことなどを盛り込んだ共同声明を発表した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム