首相「米の決意を支持」に「理解できる」

04/09 16:17
アメリカによるシリアへの攻撃に関し、安倍首相が「アメリカの決意を支持する」と表明したことについて、自民党の山本一太参議院予算委員長は、9日のフジテレビ「新報道2001」で、「理解できる」と評価した。
山本参院予算委員長は、「アメリカが万が一、北朝鮮を攻撃する場合でも、(日米が)緊密に協議できる状況を作っておくというのが、死活的に重要で」、「安倍総理が、トランプ大統領の決意を支持したというのは、これは私、十分理解できます」などと述べた。
山本氏は、アメリカによるシリア攻撃が北朝鮮に対し、「警告になって抑止力に働く場合と、金正恩(キム・ジョンウン)委員長を追い詰めて暴発に向かわせ、日本への攻撃リスクが高まるシナリオを考えておく必要がある」と指摘した。
そのうえで、「アメリカの対北朝鮮政策で緊密に協議していくうえで、安倍総理とトランプ大統領の信頼関係は外交上、死活的に重要なアセット(資産)だ」と述べ、トランプ大統領の決意を支持すると表明した安倍首相の姿勢に理解を示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム