松山英樹、最終18番Hでダブルボギー

04/09 18:52
ゴルフのメジャー大会開幕戦・マスターズに挑戦している松山英樹選手(25)は、またしても最終18番に、一番のハイライトが待っていた。
首位と6打差の16位から、上位進出を狙う松山選手。
予選ラウンドとは一転、風は穏やかになったオーガスタだが、松山選手は序盤から、スコアメークに苦しんだ。
15番で2オンに成功し、2.5メートルのイーグルパット。
これをねじ込み、なんとか踏みとどまった。
しかし最終18番、およそ1メートルのパーパットを外すと、まさかの4パットでダブルボギーと、28位に後退した。
松山選手は「しっかりと切り替えて、頑張りたいなと思います」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム