アサド大統領「米は目的達成に失敗」

04/10 11:51
アメリカ軍が、4月7日にシリア西部の空軍基地を攻撃したことについて、シリアのアサド大統領は、「アメリカは目的達成に失敗した」と主張した。
シリアのアサド大統領は、9日にイランのロウハニ大統領と電話で会談し、「アメリカは、支援する反体制派の士気をあげるという目的に失敗した」として、攻撃の目的は達成していないと主張した。
一方、アメリカのティラーソン国務長官は、アメリカメディアのインタビューに応じ、攻撃は、女性や子どもに化学兵器が使われたからだと、あらためて正当性を強調した。
ティラーソン長官は、さらに、アサド政権の打倒よりも、過激派組織「イスラム国」の掃討が最優先だとして、イスラム過激派の掃討を重視する考えを示した。
また、化学兵器使用について、アサド政権の後ろ盾となっているロシアも批判し、今週、ロシアを訪問する際には、この問題を議論する考えを示している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム