エジプトで連続テロ「イスラム国」犯行声明

04/10 18:48
シリア、あるいはイラクでの戦いで、過激派組織「イスラム国」は劣勢となっている。一方で、シリアから離れたエジプト、さらには、ヨーロッパのスウェーデンでテロが相次いだ。
エジプトの2つの教会で9日、相次いで起きたテロ事件で、死者の数が47人、負傷者の数も120人以上にのぼった。
「イスラム国」が、これらのテロについて犯行声明を出し、エジプトのシシ大統領は、3カ月間の非常事態宣言を出した。
一方、スウェーデンのストックホルムで7日、トラックが突っ込み、4人が死亡した事件で、警察は、逮捕されたウズベキスタン出身の男が、「イスラム国」を含む、過激派組織への共感を示していた痕跡があったと明らかにした。
男は、3年前にスウェーデンに在留許可の申請をしたが、認められず、その後、当局は、所在をつかめていなかった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム