「交渉してない」豊洲問題で偽証否定

04/11 00:53
3月の東京都議会百条委員会での発言をめぐる偽証の疑いに、浜渦武生元副知事が反論した。
浜渦氏は、「きょうは、わたしの言い訳の会ではありませんので、皆さんの方の疑問をおっしゃっていただきたいと思います」、「1人1問にして」などと述べた。
10日午後2時から、発言のたびに立ち上がり、手を振りながら、自らが質問者を指し示すなど、熱の入った会見が始まった。
その熱のあまりなのか、記者を指名する時、こんな表現も飛び出した。
浜渦氏は、「後ろの、眼鏡の濃いの」、「大きい人、顔の」、「手の長い、顔の長い人、夏みたいなシャツ着てる人」などと述べた。
そして、会見はいよいよ本筋に迫った。
浜渦氏は、3月19日の証人喚問で、基本合意後のことは関与していないと発言した。
しかし都議からは、この基本合意以降も、浜渦氏が報告を受けていたとの指摘が出ている。
その後、都と東京ガスとの間で締結された、2者間合意。
のちに東京都が、860億円もの土壌汚染対策費の大半を負うことになる、瑕疵(かし)担保責任の放棄につながったとして、浜渦氏の関与の有無が焦点となっている。
浜渦氏は、「2者間合意とか」、「なんですか、あれ、本当に驚きました」、「(基本合意以降)交渉については、なんにもやっていません」、「交渉の任は、石原知事から外されていますから」、「石原さんというのは、怒りん坊でしてね、せんえつなことするなって、僕、何回も怒られたことがあるんですけどね」などと述べた。
さらに、「何か交渉に関わっていないということを裏づける物証などはあるんでしょうか」と突っ込まれると、浜渦氏は「あのね、難しい質問。けさ、ごはん食べてないという証明、どうするのかというのと同じように聞こえてしまうわけ。むしろ(証明を)、あなた方がやってよ、あなたがやってくれない?」と述べた。
一方、石原氏は、浜渦氏の会見が始まる2時間も前に、ノーコメントとする文書を出したうえで、「豊洲問題については、浜渦さんに一任していたということでいいんですか?」と問われ、「浜渦が言ってる通りだよ」と述べた。
石原元都知事は、浜渦氏と先週、電話で話したという。
浜渦氏は「なんにもしていません、『頑張れよ』だけ。『お前、会見するんだってな』という」と述べた。
結局、都議らの主張とは平行線をたどったまま、今後の百条委員会で偽証が認定される見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム