全国で13件 福島から避難の子どもに

04/11 12:55
東日本大震災や福島第1原発事故を原因とした、いじめが、全国で13件あったことが文部科学省の調査でわかった。
文科省によると、福島第1原発事故などの影響で、福島県から避難し、別の学校に通う子どもへのいじめは、これまでに把握しているだけで199件あり、そのうち、東日本大震災や原発事故に関するものが、13件あったという。
中には、小学校で、「放射能がうつるから近づくな」、「お前らのせいで原発が爆発した」などの悪口を言われた事案もあった。
松野文科相は「慣れない環境の中で生活を送る友達のことを理解し、その方に寄り添い、一緒に支えながら学校生活を送ってほしい」と述べた。
文科省では、表面化していない事案も含めて、学校現場と連携して、避難した児童や生徒たちへの対応を行っていくとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム