長島氏「離党届」で対応協議

04/11 13:45
民進党で東京都選出の長島昭久元防衛副大臣が10日、離党届を提出したことを受けて、東京都連は、緊急の会合を開き、今後の対応を協議した。
民進党の松原都連会長は「もう1回再結束をして、体制を立て直し、この夏の戦いに向かって、歩みを進めていきたい」と述べた。
民進党東京都連の常任幹事会は、幹事長を務める長島氏が、離党届を提出したことを受けて、緊急の会合を開いた。
松原都連会長は、「都議会議員選挙を一緒に戦う決意でいたので、大変、残念に思う」と述べたうえで、党内の結束をあらためて呼びかけた。
7月の都議選をめぐっては、民進党の公認予定者が相次いで離党届を提出するなど、「離党ドミノ」が広がっていて、体制の立て直しが急務になっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム