長渕 剛さんが校歌作曲の高校開校

04/11 15:56
2016年、帰宅困難区域を除き、避難指示が解除された福島・南相馬市に、11日、小高産業技術高校が開校した。
長渕 剛さんは「もしも生まれ変わることができたら、僕は先生になりたい。なぜなら、君たちのように、これからこの時代を創っていく、町を造っていく、未来を創っていく、その可能性に満ち満ちているからだよ」と話した。
長渕 剛さんが熱唱しているのは、11日に開校した小高産業技術高校の校歌。
芥川賞作家で、南相馬市に住む柳 美里さんが作詞し、長渕 剛さんが作曲を手がけた。
この高校は、文部科学省の「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」に指定されていて、復興の第一線で活躍する職業人を育てていくことになる。 (福島テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム