自民・都連決起集会 首相、必勝を誓う

04/11 23:09
7月の東京都議会議員選挙に向け、自民党の東京都連は11日、決起集会を開催し、安倍首相は「結果を出していくのは自民党だ」と述べ、選挙戦の必勝を誓った。
安倍首相は「わたしたちは、小池知事とも協力をして、オリンピック・パラリンピックを成功させたいと思っている。東京都連は少し、小池さんに嫌われているかもしれない」、「結果を出していくのは、わたしたち、自由民主党です。急に誕生した政党に、とても都政を支える力はありません」と述べて、小池知事が事実上率いる「都民ファーストの会」をけん制する一方で、「小池さん(知事)のやろうとする方向が正しければ、しっかりと支える」と述べて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどの成功に向けては、小池知事と協力していく考えを強調した。
決起集会には、麻生副総理や二階幹事長ら、自民党の幹部らも出席した。
下村都連会長は、「都議会自民党も、反省しなければならないことも多々ある」と述べた一方で、都連総務会長を務める萩生田官房副長官は、「ひと時の風やブームで当選した議員の方が、東京都政に何をもたらしたか。答えは、混迷と停滞だけだ」と述べて、「都民ファーストの会」をけん制した。
一方、今回の決起集会には、小池都知事にも招待状が出されていたが、小池知事は出席せず、祝電を送るにとどめた。
公明党の山口代表は、「出陣式のような、決起大会のようなものがあるということで、ご案内はいただいたが、自民党都連が、都議選に向けての決起大会をやるということですから、自民党都連が決意を固める場。そこは、われわれとしては、ご遠慮したい」と述べた。
自民党都連は、都議選で「都民ファーストの会」と連携する方針の、公明党の山口代表も招待したが、山口氏は出席を辞退した。
小池都知事に配慮したものとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム