小池支持派、6月1日に全候補者擁立へ

04/12 00:20
小池知事を支持する地域政党・都民ファーストの会は、この夏の都議選に向け、6月1日までに、全ての候補者の擁立を目指す考えを示した。
都民ファーストの会の野田 数代表は「6月1日の決起大会に向けて、私どもが目標とする数の公認候補者をしっかりと擁立していきたいと考えている」と述べた。
都民ファーストの会は、選挙に向け「都政勉強会」を開き、この中で野田代表は、6月1日までに、全ての候補者の擁立を目指す考えを示した。
現在、都民ファーストの会の公認候補者は25人で、民間出身が7人、自民党出身が11人、民進党出身が4人などとなっているが、公明党と選挙協力を行うほか、民進党を支持する連合東京が、都民ファーストの会への支援を表明している。
野田代表は「この多様性が都民ファーストの会の武器であり、決して排他的な組織ではない」と述べたほか、連休前には選挙公約を公表する考えを示した。
また、11日は、国政研究会の初会合も開かれた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム