サッポロ、「極ZERO」めぐり国を提訴

04/12 05:10
サッポロビールは、ビール系飲料「極ZERO」をめぐり、かつて自主的に納めた酒税115億円の返還を求め、国を提訴した。
サッポロは、2013年に第3のビールとして「サッポロ極ZERO」を発売したが、国税当局から、第3のビールではない可能性があると指摘され、製造方法について情報提供を求められたため出荷を停止し、およそ115億円を自主的に納めていた。
しかし、その後の社内調査で、「第3のビール」であることを確認したことから、酒税の返還を求めてきたが、国税不服審判所への審査請求が棄却されるなどしたため、今回、国税当局の判断を取り消すよう、提訴に踏み切った。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム