容疑者「テロ行為」認める

04/12 13:23
容疑者の男が、「テロ行為」だったことを認めた。
スウェーデンの首都・ストックホルムで、トラックが通行人に突っ込み、4人が死亡、15人が負傷した事件で、ウズベキスタン出身のラフマト・アキロフ容疑者(39)が11日、裁判所に出廷した。
弁護士によると、アキロフ容疑者はテロ行為だったことを認め、検察が求める1カ月の勾留を受け入れた。
また、警察は、逮捕していた別の男について、事件に関与していないとして、国外追放処分にすると発表した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム