陸海空軍合同で輸送訓練

04/12 13:29
朝鮮半島有事を想定し、軍事物資補給のための輸送訓練が行われた。
アメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習は、3月から韓国で行われているが、11日は、南東部の浦項(ポハン)で、陸・海・空軍の合同で、3,700人が参加して行われた。
今回の訓練は、軍事物資を運び込む港が破壊されたとの想定で、砂浜に臨時の埠頭(ふとう)を作り、輸送船から陸揚げした物資をトラックで輸送する形で行われた。
後方の海域から、いかに素早く軍事物資を最前線に補給できるかが焦点で、軍関係者は「実戦での勝利を確実なものにする」などと話している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム