香川真司所属バス爆発で犯行声明

04/12 16:13
サッカー・香川真司選手(28)が所属するドイツ・ブンデスリーガ、ドルトムントのバスが、試合会場に向かう途中、爆発に見舞われ、選手1人がけがをした。現場から犯行声明とみられる手紙が見つかっている。
ドイツ・ドルトムントで11日、サッカーのヨーロッパチャンピオンズリーグの準々決勝に出場するドルトムントの選手を乗せたバスが、試合会場に向かう途中、3回の爆発に見舞われた。
この爆発で、香川選手のチームメートで、スペイン代表のマルク・バルトラ選手が、腕の骨を折るけがをした。
現場から犯行声明とみられる手紙が見つかっていて、警察は、事件とみて背景をくわしく調べている。
予定されていた試合は、翌12日に延期された。
関係者によると、香川選手は、驚きを隠せない様子だったものの、「試合に向けて集中する」と話していたという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム