残骸から復元の「零戦」飛ぶ

04/12 16:33
残骸から復元された「零戦」が、アメリカ上空を飛行した。
カリフォルニア州の空港にある旧日本軍の零式艦上戦闘機、通称「零戦」。
南太平洋の島に落ちていた残骸から復元されたこの機体を管理する日本人パイロット教官・柳田一昭さんが11日、「零戦」飛行の免許を取得するため、初めてトレーニング飛行を実施した。
パイロット教官・柳田一昭さんは、「『零戦』とは、どういう飛行機かということをみんなに伝えられたら、それが一番うれしい」と語った。
アメリカ上空を日本人が零戦で飛行するのは、戦後初めてだという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム