「カーボンナノベルト」合成に世界初成功

04/14 04:58
名古屋大学の研究チームは、さまざまな電子デバイスへの応用が期待される炭素分子「カーボンナノベルト」の合成に、世界で初めて成功したと発表した。
名古屋大学の研究チームは、60年以上前に文献に登場した炭素分子「カーボンナノベルト」の合成に、世界で初めて成功したと発表した。
「カーボンナノベルト」は、鉄のおよそ20倍の硬さで、軽く、熱や電気を通しやすい筒状の炭素物質「カーボンナノチューブ」の部分構造。
「カーボンナノチューブ」は、1991年の発見以降、夢の次世代材料として期待されているが、応用が難しく、部分構造である「カーボンナノベルト」の合成が求められていた。
早ければ、2017年中に市販化されるということで、今後、軽くて曲げられるディスプレーなど、幅広い応用が期待される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム