ドミノ加速? 半数が民進離党も

04/14 16:25
7月の東京都議会選挙に向け、民進党の公認候補予定者が、小池知事を支持する「都民ファーストの会」との連携を模索する動きが相次いでいるが、民進党の支持団体である連合東京の推薦候補者のうち、民進党に離党届を提出するか、離党を検討している人が半数にのぼることが、FNNの取材でわかった。
民進党の支持団体である連合東京は、29人を都議選での推薦候補者としているが、これまでに6人が民進党に離党届を提出し、うち4人は、小池知事を支持する地域政党「都民ファーストの会」の公認候補となっている。
また、連合東京の推薦候補者で、民進党系の東京改革議員団団長代理の酒井大史都議や、民進党都連の選挙対策委員長を務める石毛 茂都議も、近く離党届を出す意向。
FNNの取材では、離党を検討している人も加えると、連合東京の推薦候補者のうち、離党届を提出したか、その可能性のある人は、半数にのぼっている。
都議選をめぐる民進党の「離党ドミノ」は、さらに加速することになるとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム