「ふるさとは負けない 熊本地震から一年」3

04/14 20:13
熊本地震で親子3世代で暮らしていた自宅が全壊、そして経営する牛舎も被災した家族。
互いを支え合い、乗り越えた1年を見つめた。

県内で最大規模の仮設団地での住民の孤立を防ぐ取り組み。
東日本大震災の教訓から自治体やボランティアが取り組んだのは、住民同士の顔の見えるつながりだった。

1年前の前震発生直後、益城町に最初に入ったTKUのカメラが声を拾った女性がいる。
自宅が全壊した佐々木 君代さん(84)。
1人暮らしの佐々木さんは、益城の地で最後まで生き抜くことを決め、大きな決断を下した。

1995年、阪神・淡路大震災の被災地、兵庫・神戸で生まれた復興歌「しあわせ運べるように」。
地震の被災地で歌い継がれてきたこの曲は、熊本でも、多くの人々を支えてきた。
熊本地震から1年がたった、14日の各地の様子をまとめた。


【出演】
尾谷 いずみ(テレビ熊本アナウンサー)
郡司琢哉(テレビ熊本アナウンサー)

【解説】
平野有益(熊本日日新聞・元編集局長)

2017年4月14日(金)18:14〜19:57に放送された、TKUみんなのニュースSP「ふるさとは負けない 熊本地震から一年」の全録版を配信。 (テレビ熊本)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム