ホンハイ、ソフトバンクに協力要請

04/14 23:47
東芝の半導体事業入札で、ホンハイ(鴻海)がソフトバンクに協力要請した。
経営再建中の東芝が、半導体事業を分社化し、入札手続きに入っている「東芝メモリ」株式の取得をめぐり、台湾のホンハイ精密工業が、ソフトバンクグループに協力を要請していたことがわかった。
ホンハイは、1次入札を通過していて、関係者によると、ソフトバンク側は、資金面ではなく、経営のアドバイスなど間接的な形での協力を検討しているもよう。
ソフトバンクグループの孫社長は、ホンハイがシャープを買収した際も、国内銀行との間で調整役を務めるなど、ホンハイ側を支援していた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム