熊本地震から1年 「震度7の町」で黙とう

04/15 07:50
災害関連死などを含めて、222人が犠牲になった熊本地震から1年。
2度にわたる震度7の被害を受けた熊本・益城町では、住民が犠牲者に黙とうをささげた。
14日夜、益城町の木山仮設団地に浮かび上がった、600本もの竹灯籠。
その1本1本に、住民の犠牲者へ向けた思いが込められている。
住民は、「地震の時の記憶がよみがえって。でもやっぱり、助かったわたしたちが、復興していかないといけない」、「これから、前を向いて進めるかなと。ちょっと、一区切り感じて」などと話した。
あの日から1年、明かりに照らされた人々の表情は、前を向いていた。 (テレビ熊本)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム