ホンハイ、ソフトバンクに協力要請

04/15 07:54
東芝が、半導体事業を分社化し、入札手続きに入っている「東芝メモリ」の株式の取得をめぐり、台湾のホンハイ(鴻海)精密工業が、ソフトバンクグループに協力を要請したことがわかった。
ホンハイは、東芝メモリの株式売却の1次入札を通過していて、ソフトバンク側は、アドバイスなどの協力を検討しているもよう。
入札は、4陣営に絞り込まれたものとみられ、国内メーカーなどによる「日本連合」の出資構想も浮上している。
一方、主力取引銀行は、東芝への融資を当面、継続する方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム