中国国際航空が平壌線休止

04/15 14:17
中国の航空会社が、北朝鮮行きの定期便を一時停止。
国営の中国中央テレビは、中国国有の中国国際航空が、北京と平壌(ピョンヤン)を結ぶ定期便の運航を、17日から一時停止すると報じた。
この路線は、これまで週3便運航されていたが、これまでも乗客が少なく、フライトがキャンセルになることも度々あったという。
停止の直接の理由は明らかにされていないが、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する中国の圧力の可能性もある。
停止になると、北朝鮮と外国を結ぶ定期便は、北朝鮮の高麗航空だけになる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム