米若手バレエコンクール 男子2部門で日本人1位

04/15 16:14
バレエの国際コンクールで日本人男性2人が快挙。
若手バレエダンサーの登竜門とされる、「ユース・アメリカ・グランプリ」の最終結果が14日、ニューヨークで発表され、15〜19歳のシニア男子部門では、福岡県出身の倉智太朗さん(18)が、1位に輝いた。
倉智さんは「正直、自分が1位をもらえると思っていなかったので、素直にうれしいです」と話した。
倉智さんは、これまで、ベルギーやドイツで留学し、現在、ニューヨークの学校でバレエを学んでいる。
また、12〜14歳のジュニア男子部門では、香川県の三宅啄未さん(13)が同じく1位を獲得した。
三宅さんは、「初めての世界大会で1位をとれたことはうれしい。観客を楽しませられるダンサーになりたい」と将来の夢を語った。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム