保護者会会長の男の素顔は?

04/15 18:26
千葉・我孫子市に9歳のベトナム人の女の子の遺体を遺棄した疑いで逮捕された46歳の男が、女の子を自分のキャンピングカーに連れ込んだ疑いがあることがわかった。女の子の小学校の保護者会会長を務めていた男。取材を通して見えてきた素顔とは。
我孫子警察署から送検された、渋谷恭正容疑者(46)。
フードをかぶり、うつむいたままだったが、一瞬映った顔の表情は、硬いようにも見える。
松戸市の小学生で、ベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)の遺体を遺棄した疑いで、14日に逮捕された渋谷容疑者。
4月11日、リンさんが通う小学校の入学式で、「おいしい給食も食べられるし、広い校庭で思いっきり遊べる」とスピーチを行っていた。
保護者会の会長を務めていた渋谷容疑者は、地域の子どもを見守る活動にも、積極的に参加していたという。
4月5日の始業式の際も、小学校の通学路で、子どもを見守る渋谷容疑者の姿があった。
一方で、渋谷容疑者と以前一緒に働いていた人は「幼い女の子が好きだった」と話している。
以前、飲食店で一緒に働いていた人は「幼い感じが好きとか、自分でも堂々と言っていたみたい」と話した。
「東南アジア系の子が好き」などと言っていたという渋谷容疑者。
自宅近くの駐車場に止めたキャンピングカーに、3月24日の朝、自宅を出た直後のリンさんを連れ込んだ疑いがあることがわかった。
駐車場近くに住む人は「5年くらい前から止まっていた。時々あんちゃん(渋谷容疑者)が来ていた。彼が乗っている乗用車で来て、シルバーっぽかった。中でじっとしていた。2〜3日前に(警察が)来て、所有者を確かめていた」と話した。
また、ランドセルなどの所持品が見つかった茨城・坂東市の現場付近の複数の防犯カメラに、渋谷容疑者の物とみられる軽自動車が映っていたこともわかっていて、警察は、押収した2台の車を検証するとともに、渋谷容疑者の自宅を家宅捜索し、犯行の裏づけを進めている。
リンさんの遺体が見つかった現場には、15日も、多くの人が献花に訪れた。
渋谷容疑者は、依然として黙秘を続けているという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム