熊本地震から1年 益城町・西原村で追悼式

04/15 19:11
熊本地震から1年に合わせて、熊本県の益城町などで、犠牲者を悼む式典が開かれた。
遺族代表・河添 登志子さんは「悲しみは癒えることはありません」と述べた。
当時28歳の長女・由実さんを亡くした河添 登志子さんが、遺族を代表して追悼の言葉を述べた、益城町の追悼式。
震度7の揺れに2度襲われた益城町では、これまでに直接死、災害関連死あわせて、犠牲者は37人にのぼっている。
一方、本震で震度7が襲った西原村では、地元の中学生が合唱で、阪神・淡路大震災から歌い継がれている、復興のシンボル曲「しあわせ運べるように」を歌い、犠牲者を追悼した。 (テレビ熊本)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム