自動運転で配達へ 実証実験

04/17 05:03
ヤマト運輸とIT大手の「DeNA」は、自動運転で荷物を届けるサービスに向けた実証実験を17日から始める。
車両には保管ボックスが設置されていて、自分で荷物を受け取ることができる。
ヤマト運輸とDeNAは、利用者がスマートフォンで指定した場所と時間に、保管ボックスを設置した車両が行くことで、荷物を受け取ることができる実証実験を始める。
実験は、ドライバーによる有人運転で行われるが、将来は無人の自動運転での配達を目指す。
国家戦略特区の神奈川・藤沢市の一部エリアで、およそ1年間にわたり実験が行われ、深刻化する人手不足や配達問題の解消につなげたいとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム