台風並み発達の低気圧 大雨や暴風に警戒

04/17 12:42
台風並みに発達する低気圧の影響で、18日にかけて、全国的に大雨や暴風に警戒が必要となる。
日本の西の海上にある前線をともなった低気圧の影響で、すでに長崎県など九州を中心に、雨が強まり始めている。
18日午前6時までの予想雨量は、四国で250mm、近畿や東海で200mmなどとなっている。
このあと、午後には、西日本の太平洋側を中心に雨雲が発達する。
夜になると、雨の範囲が北へ広がり、特に日付の変わるころは、広い範囲で激しい雨の降るおそれがある。
大雨と暴風の警戒期間は、西日本は、夕方から次第に大荒れになるもよう。
東日本は、17日夜遅くからが雨や風のピークで、18日朝の通勤・通学の際は、交通機関が乱れるおそれがある。
北日本も、18日は荒れた天気に警戒が必要となる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム