「春の嵐」 関東で強い雨風へ

04/18 00:42
18日午前0時すぎ、東京・台場も、雨風ともに強くなってきた。
雨が傘を打つ音が大きくなり、風も時折、強く突風のようなものが吹いている。
17日の日中は、気温も暖かかったが、手も冷たくなるほど冷え込んできた。
この雨風は、西日本を中心に強まっていて、18日午前0時現在、広島市安佐南区で避難勧告が出されている。
この地域は、3年前の土砂災害で被害を受けたことにより、早めの避難勧告が出されたということで、近くの小学校への避難が呼びかけられている。
さらに風は、18日にかけて、九州から北海道の一部では、最大瞬間風速が30メートルから35メートルという予報が出ている。
これは、電柱や車などが倒れてくるおそれのある風の強さとなる。
この風は、18日の通勤・通学の時間帯まで続く見通しとなっていて、交通機関の乱れなどに十分注意し、早めの外出などを心がける必要がある。
雨風が収まってくると、18日の日中から、気温に注意が必要となってくる。
一気に高くなり、18日の予報で、関東地方では、30度を超える地域も出ている予報となっている。
東京でも28度と、非常に高い予報となっている。
まだ、暑さに体が慣れていない時期のため、熱中症対策を十分行う必要がある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム