米副大統領来日へ 北朝鮮問題協議

04/18 12:10
安倍首相は18日午後、就任後初めて日本を訪れる、アメリカのペンス副大統領と会談する。核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮情勢などについて、対応方針を協議する見通しとなっている。
安倍首相とペンス副大統領の会談は、首相公邸でランチをとりながら行われる。
北朝鮮のさらなる挑発を抑えるため、日米の強い連携を確認する見通し。
菅官房長官は「北朝鮮については、新たな段階の脅威になっている。日米間で、しっかりと政策のすり合わせを行う」と述べた。
会談では、北朝鮮が6回目の核実験を強行する可能性が指摘される中、ペンス氏の韓国訪問をふまえて、日本の考え方を伝え、日米韓3カ国の連携と、中国に強い対応を促す方針を確認する見通し。
また、有事の際のアメリカからの事前通達のあり方や、韓国にいる日本人の退避での協力などについても、話題が及ぶ可能性もある。
一方、北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)日朝国交正常化大使が17日、拉致問題の再調査を約束したストックホルム合意について、「すでになくなった」などと述べたことについて、菅官房長官は「(ストックホルム)合意の履行を強く求める。1日も早い拉致被害者全員の帰国を実現させる」と反論した。
安倍首相は、ペンス氏との会談で、拉致被害者の救出に向けた協力もあらためて求める見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム