不明翌日にランドセル発見

04/18 12:49
千葉・松戸市の小学3年生のベトナム人の女の子の遺体を遺棄した疑いで、保護者会会長の男が逮捕された事件で、女の子のランドセルは、行方不明になった翌日に見つかっていたことがわかった。
ベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)の遺体を遺棄した疑いで逮捕された、小学校の保護者会会長・渋谷恭正容疑者(46)は、雑談には応じるものの、調べに対し、依然、黙秘を続けているという。
その後の捜査関係者への取材で、リンさんのランドセルは、リンさんが行方不明になった3月24日の翌25日の日中に、茨城県の河川敷で見つかっていたことがわかった。
これまでに、渋谷容疑者のものとみられる軽自動車が、24日の午後から夜にかけて、遺体発見現場やランドセルが見つかった現場近くを、何度も行ったり来たりする、不審な動きをしていたことがわかっている。
こうしたことから、警察は、渋谷容疑者が、3月24日にはリンさんの遺体や所持品を遺棄したものとみて、当時の状況を調べている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム