安倍首相、テロ等準備罪「今国会成立を」

04/18 17:29
「共謀罪」の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する法案の本格論戦が、19日から始まるのを前に、安倍首相は、今の国会で法案を成立させるよう、あらためて関係閣僚に指示した。
安倍首相は「テロ対策に関し、国際社会との連携を深めるうえで、国際組織犯罪防止条約の批准を、欠かすことはできません。現在審議中のテロ等準備罪処罰法案の成立に向け、しっかりと取り組んでいかなければなりません」と述べた。
一方、廃案を目指す民進党は、新たな疑惑だとして、「テロ等準備罪」の対象犯罪は政府が説明する「277」ではなく、過去に審議された「共謀罪」でのカウント方法を使うと、「316」に増えると指摘している。

民進・山尾 志桜里衆院議員「何を根拠に、277と言っているのですか?」
金田勝年法相「数え方に一定のルールはない」

民進党などは「テロ等準備罪」は、捜査当局が乱用するおそれがある一方、実際のテロ対策には役立たないとして、不安定な答弁が続く金田法相に照準を絞って追及する構え。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム