「つなぎ融資」女を強制送還 心境は「複雑」

04/19 01:52
ノースリーブにショートパンツ姿で、バンコクのスワンナプーム空港に現れたのは、「つなぎ融資の女王」との異名をとる、山辺節子容疑者。
山辺容疑者は、「山辺さん、お気持ちどうですか?」、「交際相手の男性について、一言ありますか?」という記者の問いかけには、無言で応えなかった。
高い利息を約束し、大企業への「つなぎ融資」を持ちかけて、違法に7億円以上集めたとみられている山辺容疑者。
集めた金の一部は、交際相手の30代タイ人男性の家の購入に使われたとみられているが、男性は否定している。
交際相手のタイ人男性(30代)は「彼女は、年齢を38歳か39歳だと言っていた。わたしは、彼女をエリコと呼んでいた」と話した。
拘置所を出る山辺容疑者は「(今の心境を一言?)複雑です」と話した。
熊本県警が、出資法違反容疑で逮捕状を取り、国際手配されていた山辺容疑者。
逃亡先のタイで逮捕され、18日夜、日本に強制送還されることになった。
移送される際の山辺容疑者は、きっちりと化粧をして、口紅をしているようにも見え、ゆっくりと立ち上がり、護送車から降りた。
山辺容疑者は「(被害者については?)あんまり話せなくて。帰りましたらお話ししますので」と話した。
「日本に帰ったら話します」と繰り返す、山辺容疑者。
一般の利用客より先に、山辺容疑者が飛行機に搭乗した。
日本の領空に入ったあと、機内で熊本県警に逮捕される見通しで、19日午前6時ごろ、羽田空港に到着し、その後、熊本に移送される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム