都が2度目の立ち入り検査

04/19 13:11
白血病患者の遺伝子検査を行う会社のデータに誤りがあった問題で、東京都が2回目の立ち入り検査を行っていたことがわかった。
17日、都による2回目の立ち入り検査を受けたのは、病院などから検査を受託している「エスアールエル」の、日野市などの検査場。
この会社では、白血病患者の遺伝子を調べる検査のデータに不備が見つかっていた。
会社側は、患者への影響などを調べるため、第3者委員会を立ち上げ、東京都にも途中経過を報告しているが、都は「会社側の調査だけでは不十分な部分があり、指導を行っている」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム