「ミサイル発射」防災無線で誤放送

04/19 15:55
19日午前、宮城・大崎市で、誤って、弾道ミサイルが発射されたとの内容の防災行政無線が、市内全域に放送された。
19日午前8時28分ごろ、大崎市の防災行政無線から、誤って「ミサイル発射情報、当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難してください」と、試験放送の内容が2分間流れた。
大崎市は、誤った情報が市内全域に一斉に放送されたことに気づき、6分後に訂正した内容を無線で放送したが、これまでのところ、550件以上の問い合わせが寄せられているという。
誤った情報が流れた原因として、市は、J-ALERTの機器整備中、テストの設定作業に、何らかの誤りがあったためとしている。
市は、「市民の皆さまに多大なる不安と迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」とコメントしている。 (仙台放送)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム