相次ぐ失言・不祥事に苦言

04/19 18:22
相次ぐ失言や不祥事に苦言が呈された。
自民党の竹下 亘国対委員長は、「もっとちゃんと自粛しろと。緊張感を持ってやれというのが、これも両幹事長から出ておりました」と述べた。
自民・公明両党の幹部は19日、都内で会談し、閣僚らの相次ぐ失言について、両党の幹事長から苦言が呈された。
さらに、経済産業省の中川俊直政務官が、20日発売の週刊新潮で、新たな女性問題が報じられることが原因で辞任したことについて、公明党の大口善徳国対委員長は、「説明責任を果たしていく必要がある」と指摘した。
後半国会では、テロ等準備罪を新設する法案など、重要法案の審議が続くことから、両党は政府に対し、緊張感を持って臨むよう求めていくことで一致した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム