2020東京大会後、5会場で赤字試算

04/20 05:05
東京都は、2020年東京オリンピック・パラリンピックで新設する6つの競技会場について、大会後の活用方法をまとめた報告書を発表した。
年間収支は、バレーボールの有明アリーナが、イベントやコンサート利用で、3億5,600万円の黒字を見込む一方、ほかの5会場は、赤字になると試算している。
赤字額は、競泳のアクアティクスセンターが6億3,800万円、海の森水上競技場が1億5,800万円、カヌー・スラローム、ホッケー、アーチェリーの会場が、それぞれ1,170万円から1億8,600万円となる見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム