真夏を再現! 新型実験施設 東京消防庁

04/20 16:28
東京消防庁が、国内の消防機関として初めて、真夏や真冬など、過酷な気象環境を再現できる新型の実験施設を導入した。
ライトが照射されている小部屋は、東京消防庁が新たに導入した実験施設。
室内の気温や湿度を自由に調節できるほか、太陽光と同様の光や赤外線を照射する装置を備えていて、真夏から真冬まで、さまざまな気象環境が再現できる。
東京消防庁は、消防活動の安全管理に役立てるほか、2020年の東京オリンピックに向け、熱中症対策にも活用していくことにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム