ロシア異議で非難声明見送り

04/20 19:41
ロシアが異議を唱えたため、発表は見送られた。
北朝鮮による16日の弾道ミサイル発射を非難する、国連安全保障理事会の報道声明案をアメリカが作成し、発表に向けて調整が行われたが、ロシアが異議を唱えたため見送られた。
今回の声明案では、朝鮮半島の非核化と平和的解決を求める文脈の中で、これまでの報道声明に含まれていた「対話を通じて」という文言が削除されていて、ロシアはこれを盛り込むよう求めていた。
中国は、容認したという。
ロシア国連代表部は19日、声明を出し、「ロシアは調整作業を継続する意思を示していたが、アメリカは、説明なしに作業を打ち切り、ロシアに阻止されたと主張している」と強く反発している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム