日豪2+2 北朝鮮に「連携して対処」で一致

04/20 21:18
日本、オーストラリア両政府は、外務・防衛の閣僚協議「2+2」を開き、核や弾道ミサイルの開発を続ける北朝鮮に、連携して対処する方針で一致した。
岸田外相は、「厳しさ増す安全保障環境の中にあって」、「日豪の協力をいっそう強化していかなければならないことで一致することができた」などと述べた。
さらに、岸田外相は「北朝鮮や南シナ海の問題で、共通の認識を持つ両国が連携して対処していきたい」と表明した。
これに対し、オーストラリアのビショップ外相は「北朝鮮の核やミサイル開発などに対して、アメリカが強いメッセージを発していることを支持する」と述べたうえで、「中国が北朝鮮にさらに圧力をかけるよう促したい」と強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム