フィギュア国別対抗戦 日本、世界一へ挑戦

04/21 01:09
フィギュアスケート世界国別対抗戦。
男子ショートプログラム(SP)で、抜群の安定感を見せたのは、宇野昌磨選手(19)。
ISU公認大会で、自身3度目となる、SP100点超えを果たし、チーム日本に勢いをつけた。
そして、この流れに乗りたい世界王者・羽生結弦選手(22)だったが、2つの4回転ジャンプを失敗する、まさかの結果に。
21日のフリーで、巻き返しを誓う。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム