パリ中心部で発砲 警察官死亡

04/21 08:23
大統領選挙間近のフランスの首都、パリ中心部で、警察官3人が撃たれた銃撃事件で、日本時間21日午前、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。
日本時間21日午前4時ごろ、シャンゼリゼ通りで、車から降りてきた男が、突然、警察車両に向けて発砲し、警察官3人が撃たれた。
そのうち1人が死亡、2人が頭を撃たれるなどして重傷を負い、犯人の男は、その場で射殺された。
オランド大統領は、声明で「テロだと確信している」と述べたほか、過激派組織「イスラム国」が日本時間21日午前、「シャンゼリゼでの攻撃実行者は、『イスラム国』戦士の1人である」との犯行声明を出した。
警察当局は、日本時間21日午前7時現在も、シャンゼリゼ通りを封鎖し、捜査を続けている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム