白昼の銀座で数千万円強奪 2人組逃走中

04/21 16:07
東京・銀座の中心部で、自営業の男性が突然、男に襲われ、現金数千万円が入ったかばんを奪われた。男はバイクで逃走していて、警視庁は強盗事件として捜査している。
21日午後1時半すぎ、中央区銀座の路上で、40代の自営業の男性から「2人組の男に金をとられた」と、110番通報があった。
男性は、青いジャンパーにジーパン姿の男に、突然、後ろから押し倒されて、けられ、持っていたかばんを奪われたという。
警視庁によると、男性はかばんの中に、貿易関係の取引のために、現金およそ7,200万円を入れていたが、そのうち現金数千万円が奪われたと話しているという。
目撃した人は「(被害男性は)袋4つと、キャリーバッグを持っていた。そのあとオートバイがぱーっと来て、2つは取られちゃったから、あとの2つを必死に...」と話した。
かばんを奪った男は、男性を襲った現場から、数十メートル先でバイクに乗ってヘルメットをかぶり、待機していた人物とともに、2人乗りでJR新橋駅の方向に逃走していて、警視庁は強盗事件として、逃げた2人組の行方を追っている。
現場は、銀座4丁目交差点のすぐそばで、高級ブランド店などが並ぶ一角。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム