21日東京株終値 7営業日ぶりの高値

04/21 16:27
21日の東京株式市場は、日経平均株価が7営業日ぶりの高値をつけた。
21日の東京市場は、経済成長への期待から、アメリカの株価が上昇したほか、円相場が1ドル = 109円台まで値下がりしたことなどを背景に、投資家心理が改善し、日経平均株価は反発した。
23日に1回目の投開票を迎えるフランス大統領選を控え、様子見ムードもあったが、午後に入ると、上げ幅は一時、200円を超えた。
終値は、20日に比べ、190円26銭高い、1万8,620円75銭だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム