蓮舫代表と連合会長が関係修復

04/21 20:13
「2030年原発ゼロ」をめぐり、意見が対立した両者が関係修復。
民進党の蓮舫代表は「都議選において、民進党を基軸に、応援をしていただけるという話をしながら、政治課題について意見交換した」と述べた。
民進党の蓮舫代表は21日朝、最大の支持団体である連合の神津会長と会談し、「今後も一緒に頑張っていきましょう」と呼びかけた。
これに対し神津氏は、7月の東京都議会議員選挙と次の衆議院選挙について、民進党を支援していく方針は変わらないことを伝えた。
また神津氏は、衆議院選挙の残る空白区について、早期に候補者を擁立するようあらためて要請した。
蓮舫氏は、「2030年原発ゼロ」の表明にいったんは意欲を示し、連合が反発するなど、関係修復が課題となっていた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム