日米韓会合で対「北」連携確認へ

04/21 21:59
北朝鮮の核・ミサイル開発の阻止に向け、結束を示す考え。
岸田外相は「(4月25日に東京において)日米韓の6者会合首席会合を開催し、最近の北朝鮮情勢について、日米韓の連携について議論する予定」と述べた。
岸田外相は21日、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の日本とアメリカ、韓国の首席代表者会合を、25日に東京都内で開くと発表した。
北朝鮮情勢をめぐり意見交換し、3カ国の連携を確認する見通し。
また、ロシアが5月、北朝鮮との間で、貨客船「万景峰(マンギョンボン)」号を使った定期航路を開くことについて、岸田外相は「ロシアには、責任ある安保理理事国として行動してもらいたい」と述べ、北朝鮮に対する制裁網の抜け穴となりかねないロシアの行為に不快感を示した。
ただ、「第3国の事業について申し上げるのは控える」とも述べ、直接的な批判は避けた。
日本は、北朝鮮に対する経済制裁措置の一環として、万景峰号の入港を禁止している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム