これぞ王者! 羽生、意地のフリー

04/22 05:03
世界フィギュアスケート国別対抗戦2017。前日の男子ショートプログラムで、7位に終わった羽生結弦選手(22)は、フリーで演技後半に3本の4回転ジャンプを着氷させた。
世界王者として意地を見せ、唯一の200点台をマークし、1位。
そして、宇野昌磨選手(19)も、攻めのプログラムで2位に入り、日本が国別順位で、首位をキープしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム