「こどもの日」 各地に元気な声響く

05/05 12:34
5月5日は「こどもの日」。各地で子どもたちの成長を願うイベントが行われた。
スカイツリーを目指して、大空を泳ぐこいのぼり。
東京の「すみだ鯉のぼりフェア」では、大小450匹以上のこいのぼりが掲げられた。
富山・入善町では、およそ250人が、こどもの日の恒例行事、ニジマスのつかみ取りにチャレンジしている。
広島市の神社では、泣き出す速さを競う泣き相撲が行われ、2017年は、900人もの赤ちゃんが参加している。
家族は「最高の泣きっぷりです。健康で明るく、前向きに育ってくれたらと思っています」と話した。
境内は、家族の温かい声援に包まれていた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム