「BIGBANG」メンバーが大麻使用で摘発

06/01 20:01
人気グループ「BIGBANG」のT.O.P(29)こと、チェ・スンヒョンさんが、大麻を吸引した疑いで警察に摘発されたことがわかった。
警察によると、T.O.Pさんは2016年10月、韓国・ソウル市内の自宅で、歌手練習生の女性と大麻草を3回吸った疑いが持たれていて、2017年4月中旬、麻薬類に関する法律違反で検察に送致されたという。
T.O.Pさんは2017年2月から、江南(カンナム)警察署で兵役に代わる「義務警察」として勤務していて、ソウル地方警察庁が2017年3月、情報をもとに自宅などを捜索。
毛髪検査を実行したところ、陽性反応を確認したという。
現地の報道によると、所属事務所は「T.O.Pは入隊前に大麻草を吸った容疑で摘発され、全ての捜査を誠実に終えた状態で、捜査の過程で容疑をほとんど認めて深く反省していると事実関係を認め、心配をおかけしたことに対し、心より謝罪の言葉をお伝えする」とコメントしているという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム