連覇へ! 羽生選手「陰陽師」復活

08/09 13:39
フィギュアスケートの羽生結弦選手(22)が、連覇を目指す平昌(ピョンチャン)オリンピックに向けて、フリープログラムを初公開。熱い思いがこもった「攻め」のプログラムになっている。
羽生選手は、「フリープログラムは、『SEIMEI』をもう1回、やらせていただこうと思っています。2015年から2016年シーズンにやって、いい演技ができたときから、すでにこのプログラムをもう1回、オリンピックシーズンに使いたいなというふうに決めていたので、もうほとんど迷いなく、フリーの方は決めていました」と語った。
カナダで行われた公開練習で、満を持して披露したフリープログラム。
それは、以前使用した「陰陽師・安倍晴明」がテーマの「SEIMEI」だった。
2年前に使用した時は、当時の世界最高得点をマークし、相性のいいプログラム。
今シーズンは、さらに改良を重ね、4回転ジャンプも、3本から5本に増やす予定で、さらにレベルの高いプログラムとなっている。
羽生選手は、「とにかく今、この構成でしっかりきれいにまとめること。きれいに、まとめるって言っても、きれいにって言っても、後半(4回転ジャンプ)3本跳んでるし、去年よりも確実に構成は上がっていますし、そういった意味でもまずは、1つの『攻め』をしっかりと完成させたいなというふうに思っています」と語った。
ソチオリンピックで金メダルを獲得した羽生選手。
2018年の平昌大会では、66年ぶりのオリンピック連覇を狙う。
羽生選手は、「平昌は、とりあえず健康でけがなく、金メダルを狙って、しっかりやっていきたいなと思います」と語った。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム